人工知能(AI)のニュース記事一覧 | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 人工知能(AI)ニュース記事一覧

ストラテジーゲームの人工知能がテーマ!三宅陽一郎氏がゲストの「GDM Vol.52 Online」10月26日開催 画像
ゲーム開発

ストラテジーゲームの人工知能がテーマ!三宅陽一郎氏がゲストの「GDM Vol.52 Online」10月26日開催

今回はスクウェア・エニックスのリードAIリサーチャー・三宅陽一郎氏が登壇し、ストラテジーゲームの人工知能の歴史や現在の技術解説が行われます。

ドワンゴ川上氏が考える「VR・AI時代の新しい現実(リアル)」—自己、肉体、愛、そして人類補完計画後の私たち【CEDEC2021】 画像
文化

ドワンゴ川上氏が考える「VR・AI時代の新しい現実(リアル)」—自己、肉体、愛、そして人類補完計画後の私たち【CEDEC2021】

ドワンゴ川上量生氏が語る情報生命体としての「人類補完計画」

人間拡張がもたらす未来―AIなどのテクノロジーは人間の認識をいかに変えていくのか?【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

人間拡張がもたらす未来―AIなどのテクノロジーは人間の認識をいかに変えていくのか?【CEDEC2021】

古くから「人間の能力を拡張する」という概念で、様々なテクノロジーが開発されてきました。AI、Iotなどなど現代のトピックスですが、これらを人間拡張のケースとして捉え、今後の未来についてを考えていきます。

キャラのセリフチェックや会話の自動生成などゲーム開発に役立つ5つのAIとは?「モリカトロンAIソリューション説明会2021」をレポート 画像
ゲーム開発

キャラのセリフチェックや会話の自動生成などゲーム開発に役立つ5つのAIとは?「モリカトロンAIソリューション説明会2021」をレポート

6月8日にオンラインにて行われた「モリカトロンAIソリューション説明会2021」について、レポートをお届けします。

衛星データから“もう1つの世界”を自動生成するAIが開発!第1弾として「東京都内の一部」を再現―VRゲームや映像制作へ活用も 画像
ゲーム開発

衛星データから“もう1つの世界”を自動生成するAIが開発!第1弾として「東京都内の一部」を再現―VRゲームや映像制作へ活用も

「宇宙×データ」をテーマとした研究開発を行うスペースデータ社は、衛星データと3DCG技術を活用してバーチャル空間に“もう1つの世界”を自動生成するAIを実験的に開発しました。

AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン 画像
ゲーム開発

AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン

モリカトロンは、自社が開発してきた特許出願中タイトルを含む、AIソリューションについてのオンライン説明会を、6月8日に開催すると発表しました。

将来的にAIが代わりにゲームをプレイしてくれるかも?米SIEが人工知能でゲームを制御するモードの特許を取得 画像
ゲーム開発

将来的にAIが代わりにゲームをプレイしてくれるかも?米SIEが人工知能でゲームを制御するモードの特許を取得

どこまでAIが手伝ってくれるようになるのでしょうか。

『Rival Peak』が全世界での視聴時間数“1億分越え”を達成できた理由とは?GenvidのJacob Navok CEOとChris Cataldi COOによる振り返りと今後の展望【インタビュー後編】 画像
ゲーム開発

『Rival Peak』が全世界での視聴時間数“1億分越え”を達成できた理由とは?GenvidのJacob Navok CEOとChris Cataldi COOによる振り返りと今後の展望【インタビュー後編】

インタラクティブ・ライブ配信番組『Rival Peak』について、GenvidCEO・Jacob氏とCOOのChris Cataldi氏のインタビューをお届けします。気になる日本語展開についても伺いました。

世界初のAIリアリティ番組『Rival Peak』誕生のきっかけは『ポケモン』だった!? GenvidのJacob Navok CEOと前スクエニ社長・和田洋一氏が語る新たなライブストリーミングの形【インタビュー前編】 画像
ゲーム開発

世界初のAIリアリティ番組『Rival Peak』誕生のきっかけは『ポケモン』だった!? GenvidのJacob Navok CEOと前スクエニ社長・和田洋一氏が語る新たなライブストリーミングの形【インタビュー前編】

インタラクティブ・ライブ配信番組『Rival Peak』について、GenvidCEO・Jacob氏と前スクエニ社長・和田洋一氏のインタビューをお届けします。

ロックスター・ゲームスがNPCのAIや行動を改善する技術の特許を出願していた―『GTA』新作に向けて開発か 画像
ゲーム開発

ロックスター・ゲームスがNPCのAIや行動を改善する技術の特許を出願していた―『GTA』新作に向けて開発か

果たして『GTA』新作ではどんな驚きが待っているのか。

『BLUE PROTOCOL』のゲームAI設計思想に迫る!「GDM Vol.42 エンジニア向け勉強会」が11月20日オンライン開催 画像
ゲーム開発

『BLUE PROTOCOL』のゲームAI設計思想に迫る!「GDM Vol.42 エンジニア向け勉強会」が11月20日オンライン開催

現役ゲーム業界関係者を登壇者として招き、多くのクリエイター達に学びの場を提供するディー・エヌ・エー主催のイベント「Game Developers Meeting」。

『ドラゴンクエストライバルズ』の対戦データを機械学習で分析…ゲーム業界とAlibaba Cloudが踏み出した一歩 画像
ゲーム開発

『ドラゴンクエストライバルズ』の対戦データを機械学習で分析…ゲーム業界とAlibaba Cloudが踏み出した一歩PR

『ドラゴンクエストライバルズ エース』の対戦データを「Alibaba Cloud」の機械学習で分析するという新たな取り組みがスクウェア・エニックスとSBクラウドの間で行われました。担当者が「確かな一歩」と語る取り組みの内容に迫ります。

話題の『BLUE PROTOCOL』からキャラクターAIの作り方等を学ぶ…「GDM Vol.41 エンジニア向け勉強会」2月21日開催 画像
ゲーム開発

話題の『BLUE PROTOCOL』からキャラクターAIの作り方等を学ぶ…「GDM Vol.41 エンジニア向け勉強会」2月21日開催

ゲーム業界の様々な業種に携わるクリエイター達に学びの場を提供するイベント「Game Developers Meeting」。その「Vol.41 エンジニア向け勉強会」を2月21日に開催すると、株式会社ディー・エヌ・エーより新たに発表されました。

将来は視覚に問題を抱えたゲーマーでもゲームを楽しめる?海外ソフトにAI技術利用の実験的機能が導入 画像
ゲーム開発

将来は視覚に問題を抱えたゲーマーでもゲームを楽しめる?海外ソフトにAI技術利用の実験的機能が導入

視覚機能に問題を抱えたゲーマーも、技術進歩で将来ゲームを楽しむことができるかもしれません。

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN 画像
ゲーム開発

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

ゲームプレイを分析し、チートや嫌がらせ行為を15,336件も確認。アイデアの発端はValveスタッフの公演だったのだそう。

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別 画像
ゲーム開発

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別

家庭用アーケードマシンを手掛けているDream Arcadesは、Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリ「CART」の開発を進めていることを明らかにしました。

AIはいつか人の感情すら動かせるようになる…マイネットが見据える「DOMO」を活用したデータ・ドリブンなゲーム運営とAIの未来 画像
ゲーム開発

AIはいつか人の感情すら動かせるようになる…マイネットが見据える「DOMO」を活用したデータ・ドリブンなゲーム運営とAIの未来

AIはいつしか人の感情を予測・誘導できるようになる…そう語るのはマイネット執行役員でmynet.ai代表取締役社長 CEOの梅野真也氏です。ゲームとAIの未来、そして「DOMO」を活用したデータドリブンなゲーム運営について、その展望を伺いました。

言語や性別が変わってもリアルタイムに動く!? 最新口パク技術のスゴさに迫る【CEDEC 2019】 画像
ゲーム開発

言語や性別が変わってもリアルタイムに動く!? 最新口パク技術のスゴさに迫る【CEDEC 2019】

3Dや2Dのキャラクターに口パクをつける需要が増えています。最新のリップシンク技術はどのようになっているのか、CEDEC2019で「株式会社CRI・ミドルウェア」の技術者が解説しました。

『StarCraft II』ディープマインドAIがグランドマスターに到達、通常のゲーム内容環境下での達成 画像
ゲーム開発

『StarCraft II』ディープマインドAIがグランドマスターに到達、通常のゲーム内容環境下での達成

Googleのディープマインドの機械学習AIが『StarCraft II』にてグランドマスターに到達。通常のゲーム内容環境下では初とのこと。

荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表 画像
ゲーム開発

荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表

e-SportsプラットフォームFACEITが、荒らしプレイヤーに対しAIを利用した対策に着手。有害メッセージは1月ほどで20%減の効果。

  • 60件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ