スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針 | GameBusiness.jp

スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針

企業動向 戦略

スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針
  • スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針
スクウェア・エニックスは、5月11日付で公開した平成29年3月期連結決算にて、同社完全子会社のデベロッパーIO Interactiveの事業から撤退すると発表しました。

IO Interactiveは、デンマークに拠点を構えるデベロッパーで『Hitman』および『ケイン&リンチ』シリーズで知られています。スクウェア・エニックスは、開発体制強化のため、資源の集中を進めており、その中で事業撤退の方針を決定。主に同事業にかかわるコンテンツ制作勘定の処分、無形資産の減損損失等として48億9,800万円を特別損失として計上したとのこと。

なお、スクウェア・エニックスは、この決定に基づき、対象会社への出資を確保すべく複数の投資家候補と交渉中。交渉が整うかどうかは現時点では不明ですが、当社株主、対象会社及びゲーム産業にとって最良の選択肢であるとしています。

なお、IO Interactive開発のPS4/Xbox One/PC向けシリーズ最新作『ヒットマン』は、これまで通り2017年の発売を予定しているとのこと。詳しい発売日は、今後発表されます。

※UPDATE:発表に沿って記事の一部を訂正致しました。
《秋夏》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら