激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ! | GameBusiness.jp

激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!

市場 プロモーション

激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
  • 激変する渋谷エリアを中心に『シムシティ』が現代“街づくり”に対してメッセージ!
エレクトロニック・アーツは、iOS/Android向けアプリ『SimCity BuildIt シムシティ ビルドイット』のプロモーション活動を、12月1日より、大規模再開発が行われている渋谷エリアを中心に開始しました。

今年でリリースより2年目となる都市開発シミュレーションゲーム『シムシティ ビルドイット』ですが、2周年を記念するプロモーション活動が、渋谷エリアを中心に、12月1日より開始です。東京オリンピック開催の2020年に向けて大規模再開発が行われている“街”に対し、都市開発シミュレーションゲーム『シムシティ』ならではと言える、“街づくり”をテーマにした10種類のメッセージが、計150箇所以上にて発信とのことなので、近隣在住のユーザーはチェックしてみてはいかがでしょうか。

◆“街づくり”をテーマにした10種類のメッセージ


現代の日本では、過疎化、商店街のシャッター街化、限界集落、買い物弱者、第一次産業の衰退、雇用問題、インフラの老朽化など、街づくりに対して、多くの人が不安を抱えて生活しています。特に東京では、都知事選をきっかけに再度、問題となった豊洲市場移転や、 2020年に世界から注目が集まる都市として、「街づくり」に対して注目が集まっています。

ユーザーが市長として街づくりを行う『SimCity BuildIt シムシティ ビルドイット』では、2020年に向けた大規模再開発が進められている渋谷エリアを中心に「街づくり」に対する10種類のメッセージを計150箇所以上で発信します。

■掲載場所/掲載期間
・渋谷駅ホーム:2016年12月1日(木)~2016年12月22日(木)
・渋谷駅南口:2016年12月5日(月)~2016年12月17日(月)
・渋谷センター街:2016年12月15日(月)~2016年12月22日(木)
・朝日新聞:2016年12月4日(日)


渋谷駅南口


渋谷駅ホーム


渋谷センター街


朝日新聞


■SimCity BuildIt シムシティ ビルドイット
・ジャンル:街作りシミュレーションゲーム
・プラットフォーム:App Store / Google Play
・言語:日本語
・価格:無料(アプリ内課金有り)



(C)2016 Electronic Arts Inc.
《Ten-Four》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら