「SimCity」シリーズのスマホ向け最新作『SimCity BuildIt』、リリースから3週間で1550万ダウンロードを突破 | GameBusiness.jp

「SimCity」シリーズのスマホ向け最新作『SimCity BuildIt』、リリースから3週間で1550万ダウンロードを突破

その他 その他

Electronic Arts(EA)が、同社の看板タイトルの一つである都市建設シミュレーションゲーム「SimCity」シリーズのスマートフォン向け最新作『SimCity BuildIt』(iOS/Android)のダウンロード数が1550万件を突破したと発表した。リリースからわずか3週間での達成となった。

『SimCity BuildIt』は、自分の街に住宅や公共施設、工場などを建設してインフラ整備をしながら自分の街を発展させていく都市建設シミュレーションゲーム。スマートフォン/タブレット用に一から開発された「SimCity」シリーズの完全新作タイトルで、画面をピンチで拡大/縮小できたり、視点を変えてぐるりと街を見回したりできるほか、時刻の変化も反映され夜は美しい夜景を見ることもできる。

同社では今回の1550万ダウンロード突破に合わせ、これまでのプレイヤーのデータをまとめたインフォグラフィックを発表した。それによれば、プレイ・セッション数は6億4800万回を突破し、プレイ時間の総合計は8,300年以上にも及んだという。またSimCity市民の総人口は地球上の人口の約26倍に相当する1830億人に上り、街には2900万基以上のクリーンエネルギー施設が建設されたとのこと。なお、幸せな街が多い国TOP5は台湾、韓国、シンガポール、香港、日本で全て東アジアの国が独占している。大きなサイズのインフォグラフィックはこちら

《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら