3DプリンタメーカーのMakerBot、スタッフの20%をレイオフし実店舗も閉店 | GameBusiness.jp

3DプリンタメーカーのMakerBot、スタッフの20%をレイオフし実店舗も閉店

その他 その他

アメリカの大手3Dプリンタ企業のMakerBotが、スタッフの20%相当をレイオフしショールームも全店閉鎖すると発表した。

MakerBotは個人向けの3Dプリンタと3Dスキャナーの開発・販売や3Dデータの出力サービスを手がけている企業。2012年よりニューヨーク、ボストン、グリニッジにショールームを兼ねた実店舗をオープンし、2013年には業務用3DプリンタメーカーのStratasysに4億300万ドルで買収されるなど、アメリカの3Dプリンタ市場の拡大を象徴する企業だった。同社は今回のレイオフによりチームを縮小し、製品の改善に集中するとしている。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら