米3Dプリンタメーカー「3D Systems」、デスクトップ3Dプリンタ事業から撤退 | GameBusiness.jp

米3Dプリンタメーカー「3D Systems」、デスクトップ3Dプリンタ事業から撤退

企業動向 発表

米3Dプリンタメーカー「3D Systems」、デスクトップ3Dプリンタ事業から撤退
  • 米3Dプリンタメーカー「3D Systems」、デスクトップ3Dプリンタ事業から撤退
米3Dプリンタメーカーの3D Systemsが、デスクトップ3Dプリンタ事業から撤退すると発表した。これに伴い、同社の個人向け廉価デスクトップ3Dプリンタ「Cube」シリーズの製造も停止される。

「Cube」シリーズは、コンパクトなサイズとデザイン、999ドルという手頃な価格から人気のあった3Dプリンタで、これまでアメリカのオフィス用品チェーン「STAPLES」やAmazon.com、ほか世界各国の代理店にて販売されていた。しかし今回の決定により、同製品の製造は停止され、サポートサイト「Cubify.com」も1月31日をもって閉鎖となる。
今後3D Systemsは個人向けのデスクトップ3Dプリンタ市場から撤退し、ビジネスユーザー向けのハイエンドな3Dプリンタの製造・販売に注力するとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら