メタップスが総額43億円を調達 人工知能の利用拡大と金融領域への投資を強化 | GameBusiness.jp

メタップスが総額43億円を調達 人工知能の利用拡大と金融領域への投資を強化

その他 その他

株式会社メタップスが、シリーズCラウンドにてシリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルや国内の事業会社及び既存株主を引き受け先として、総額43億円の第三者割当増資を実施したと発表した。引き受け先企業は今後の事業提携発表などを通して随時公開していく予定。

メタップスはアプリの分析・集客・収益化までをワンストップで提供するアプリ開発者向けプラットフォーム「metaps」を提供している企業。人工知能(AI)がユーザーの行動を学習し、アプリのマーケティングに必要な業務の効率化と自動化をサポートしており、導入アプリは世界12億ダウンロードを突破し、1億人以上のアプリユーザーにリーチ可能なインフラに成長している。2011年よりグローバル展開を開始し、世界8カ国に拠点を開設。昨年度の海外売上高は全体の約6割を占めており、今後もアジアを中心に拡大を見込んでいるという。

同社では今回得た資金により、これまでの事業展開を通して蓄積したビッグデータと人工知能を活用して、あらゆるビジネスの自動化と効率化を進め、システムによるデータの分析やパターンの認識、将来予測及び自動処理の精度を高め、様々な業務作業の効率化に取り組んでいくと共に、そのために必要な人材の獲得や研究開発投資を積極的に行なっていくとのこと。

また、「コンピュータにあらゆるデータを学習させ、人々の最適な意思決定を支える頭脳になる」という中期ビジョンを掲げ、今後は開発者向けプラットフォーム「metaps」を様々なスマートデバイスに拡張し、2016年までに世界人口の10%にあたる8億人にリーチ可能なインフラに成長させていく事を目標にプロダクトの強化を図る。

なお、同社は新規事業としてオンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」を提供しているが、今後はオンライン決済に限らず総合的な金融サービスを展開していくとしている。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら