メタップスとデジタルガレージ、スマホアプリの運用型広告を手がける合弁会社「デジタルサイエンスラボ」を設立 | GameBusiness.jp

メタップスとデジタルガレージ、スマホアプリの運用型広告を手がける合弁会社「デジタルサイエンスラボ」を設立

企業動向 戦略

株式会社メタップス  と  株式会社デジタルガレージ  が、スマートフォン向けアプリの運?型広告を?がける合弁会社「株式会社デジタルサイエンスラボ」を設立した。デジタルガレージとメタップスの双方の強みを活かした広告ソリューションを提供していくという。
  • 株式会社メタップス  と  株式会社デジタルガレージ  が、スマートフォン向けアプリの運?型広告を?がける合弁会社「株式会社デジタルサイエンスラボ」を設立した。デジタルガレージとメタップスの双方の強みを活かした広告ソリューションを提供していくという。
株式会社メタップス株式会社デジタルガレージが、スマートフォン向けアプリの運用型広告を手がける合弁会社「株式会社デジタルサイエンスラボ」を設立した。デジタルガレージとメタップスの双方の強みを活かした広告ソリューションを提供していくという。

同社の設立は、メタップスのグローバルへの展開力やビッグデータ解析技術と、デジタルガレージの広告運用戦略やクリエイティブ戦略等の知?を組み合わせることで、既存のセオリーを超える新しい視点や広告効果指標を提供し、より収益性の高いアプリ広告ソリューションを提供することを?的としたもの。今後同社では、取扱いメディアの領域拡大や広告商品の新規開発を行い、国内外のクライアントの収益化とグローバル展開を支援していくとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら