「釣りゲー訴訟」ディー・エヌ・エーが逆転勝訴 | GameBusiness.jp

「釣りゲー訴訟」ディー・エヌ・エーが逆転勝訴

「釣りゲーム」を巡り著作権侵害があったとして、グリーがディー・エヌ・エーと開発会社のORSOを提訴していた問題で、知的財産高等裁判所は8日、ディー・エヌ・エーらの主張を認めたとのこと。

その他 その他
「釣りゲーム」を巡り著作権侵害があったとして、グリーがディー・エヌ・エーと開発会社のORSOを提訴していた問題で、知的財産高等裁判所は8日、ディー・エヌ・エーらの主張を認めたとのこと。

これは、グリーの『釣り★スタ』とディー・エヌ・エーの『釣りゲータウン2』を巡り、グリーが著作権侵害があったとして提訴した問題で、今年2月23日、東京地方裁判所はグリーの訴えを認め、配信の差し止めと約2億3000万円の損害賠償の支払いを命じました。しかし主張が全面的に認められたわけではないとしてグリー、ディー・エヌ・エーの双方が上告していたものです。

判決の詳細は分かり次第お伝えします。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら