ソフトバンクとPayPalが合弁会社を設立 グローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を発表 | GameBusiness.jp

ソフトバンクとPayPalが合弁会社を設立 グローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を発表

その他 その他

ソフトバンク株式会社  と  PayPal  が、共同で日本でグローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を推進する合弁会社「PayPal Japan」を設立する計画を発表した。日本での「PayPal Here」導入はアメリカ、カナダ、香港、オーストラリアに続いて、世界で5番
  • ソフトバンク株式会社  と  PayPal  が、共同で日本でグローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を推進する合弁会社「PayPal Japan」を設立する計画を発表した。日本での「PayPal Here」導入はアメリカ、カナダ、香港、オーストラリアに続いて、世界で5番
ソフトバンク株式会社PayPalが、共同で日本でグローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を推進する合弁会社「PayPal Japan」を設立する計画を発表した。日本での「PayPal Here」導入はアメリカ、カナダ、香港、オーストラリアに続いて、世界で5番目となる。

「PayPal Here」は、スマートフォンのイヤホンジャックに挿すカードリーダーと無料のモバイルアプリを使って、クレジットカードやデビットカード、PayPalによる支払いを受け付けできるサービス。

これまでコスト等の問題でクレジットカードの導入が難しかった中小規模事業者も、PayPal Hereを利用することでスマートフォンを使ってクレジットカードなどの決済を行うことができる。

ソフトバンクとPayPalはそれぞれ10億円ずつ出資し、合弁会社への出資合計額は20億円となる。役員は両社3名ずつ計6名となり、ソフトバンク側からCEOとしてソフトバンクモバイル取締役常務執行役員 喜多埜裕明氏が就任する。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら