【GDC2012】任天堂がHavokやAutodeskと契約を締結、Wii Uソフト開発で利用へ | GameBusiness.jp

【GDC2012】任天堂がHavokやAutodeskと契約を締結、Wii Uソフト開発で利用へ

その他 その他

任天堂とHavokは、任天堂の新型ゲーム機Wii Uのソフトウェア開発を行う世界各国のスタジオが、Havok PhysicsとHavok Animationテクノロジーを利用可能になるライセンス契約を締結したとプレスリリースで発表しました。
  • 任天堂とHavokは、任天堂の新型ゲーム機Wii Uのソフトウェア開発を行う世界各国のスタジオが、Havok PhysicsとHavok Animationテクノロジーを利用可能になるライセンス契約を締結したとプレスリリースで発表しました。
任天堂とHavokは、任天堂の新型ゲーム機Wii Uのソフトウェア開発を行う世界各国のスタジオが、Havok PhysicsとHavok Animationテクノロジーを利用可能になるライセンス契約を締結したとプレスリリースで発表しました。

物理演算やキャラクターアニメーションなどを受け持つHavokの技術は、『Uncharted 3』、『Assassin's Creed: Revelations』、『The Elder Scrolls V: Skyrim』、『L.A. Noire』といった大手メーカーの人気ゲームではもちろん、ハリウッド映画の特殊技術でも用いられています。

Havokマネージング・ディレクターのDavid Coghlanは今回の契約に関し、「Wii U向け開発者にあらゆるジャンルの素晴らしいゲームを製作出来るようにHavokテクノロジーを提供することを大変光栄に思います」とコメントしています。

尚、別のニュースになりますが、任天堂は同時に3DデザインソフトウェアであるAutodesk GamewareのライセンスもWii Uソフト開発向けに取得しています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら