レゴとルーカス、「スターウォーズ」ゲームに関するライセンスを10年延長 | GameBusiness.jp

レゴとルーカス、「スターウォーズ」ゲームに関するライセンスを10年延長

その他 その他

レゴグループはルーカス・ライセンシングとの間で結ばれている「スターウォーズ」のゲームや玩具に関する契約を10年間延長することで合意したと発表しました。最初の契約は1999年に結ばれたものです。

レゴは、ブロック玩具として世界で親しまれている「LEGO」をベースにした様々なゲームを開発しています。『レゴ バットマン』『レゴ ハリーポッター』『レゴ パイレーツ・オブ・カリビアン』そして『レゴ スターウォーズ』といった映画とLEGOのコラボレーションは世界で人気を集めています。これらのタイトルは一貫してワーナー傘下の英国Traveler's Taleが開発。発売元はバットマンやハリーポッターはワーナー、スターウォーズはEAという風に幾つかのパターンがあります。

契約に基づきレゴは引き続き「スターウォーズ」をテーマにしたゲームや玩具を販売していくことになります。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら