米数学者、Second Lifeアイテムを3Dプリンタで出力して販売する試みを実施 | GameBusiness.jp

米数学者、Second Lifeアイテムを3Dプリンタで出力して販売する試みを実施

その他 その他

アメリカの数学者の  Henry Segerman  氏が、自身が3D仮想空間「  Second Life  」で作ったフラクタルアート作品を3Dプリンタで出力して販売する試みを行っている。
  • アメリカの数学者の  Henry Segerman  氏が、自身が3D仮想空間「  Second Life  」で作ったフラクタルアート作品を3Dプリンタで出力して販売する試みを行っている。
  • アメリカの数学者の  Henry Segerman  氏が、自身が3D仮想空間「  Second Life  」で作ったフラクタルアート作品を3Dプリンタで出力して販売する試みを行っている。
アメリカの数学者のHenry Segerman氏が、自身が3D仮想空間「Second Life」で作ったフラクタルアート作品を3Dプリンタで出力して販売する試みを行っている。

Segerman氏は2006年からアバター名「Seifert Surface」で氏の兄弟と共に多くのフラクタルアート作品を発表している(これまでの作品はこちらのサイトで閲覧可能)。

これまでSegerman氏はSecond Life内で作品を展示するだけだったが、今回新たな試みとして新作を3DCG&3Dプリント SNS「Shapeways」でも発表し実物のグッズとして販売。作品は伸縮性のある素材で出力されているらしく、腕にはめてブレスレットにしたりヘアアクセアリーとしても利用できるとのこと。価格は23.89ドル(約1823円)。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら