SOPA法案の抗議活動でゲームサイトも一時閉鎖が相次ぐ | GameBusiness.jp

SOPA法案の抗議活動でゲームサイトも一時閉鎖が相次ぐ

その他 その他

米議会で審議されている著作権保護を目的としたStop Online Piracy Act(SOPA)とProtect IP Act(PIPA)への抗議運動として、現在Wikipediaがサイトを一時閉鎖したことが大変話題となっていますが、既に先週から抗議を始めていたDestructoidを筆頭に、海外ゲームサイトでも同様の動き出始めているようです。

UBM TechWebが運営する業界ニュースサイトGamasutraは、SOPAへの抗議の一貫として1月18日の午前8時PSTから24時間サイトの更新を停止すると発表。同法案はインターネット上の自由に対する深刻な脅威だとして長い声明文を掲載しました。

また、PCゲーム情報サイトであるRock, Paper, Shotgunでも、水曜日から木曜日の朝までサイトを完全に閉鎖すると発表。抗議文では、「月曜日の審議でSOPAは一時的に否決されたもののPIPA法案が成立されようとしているのは同様に危険だ」と指摘、「素晴らしくて自由で美しいインターネットが永遠に壊されてしまう」などと非難しています。

今年に入ってからSOPAに対して多数の米国ゲームメーカーが反発を示しており、そうした動きにさらに拍車が掛かっている様子です。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら