マイクロソフト、XBLIGのゲームサイズや価格設定の制限緩和を正式発表 | GameBusiness.jp

マイクロソフト、XBLIGのゲームサイズや価格設定の制限緩和を正式発表

その他 その他

本日マイクロソフトはプレスリリースにて、インディーズ開発者向けのダウンロードサービスXbox LIVE Indie Gamesにおけるゲームサイズや価格の制限を緩和する事を正式に発表しました。
  • 本日マイクロソフトはプレスリリースにて、インディーズ開発者向けのダウンロードサービスXbox LIVE Indie Gamesにおけるゲームサイズや価格の制限を緩和する事を正式に発表しました。
本日マイクロソフトはプレスリリースにて、インディーズ開発者向けのダウンロードサービスXbox LIVE Indie Gamesにおけるゲームサイズや価格の制限を緩和する事を正式に発表しました。

プレスリリースによれば、投稿出来る最大ゲームサイズは150MBから500MBに上昇。以前は50MB以上のゲームをアップロードすると240か400マイクロソフトポイントの価格設定をする必要がありましたが、現在は150MBまでのゲームが80MSPで販売可能に。また1人のデベロッパーが投稿出来るタイトルが10本から20本へと引き上げられています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら