カプコン、3DS『モンスターハンター3G』の100万本出荷達成を発表 | GameBusiness.jp

カプコン、3DS『モンスターハンター3G』の100万本出荷達成を発表

その他 その他

カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター3(トライ) G』の国内出荷本数が100万本を突破したと発表しました。

『モンスターハンター』シリーズは、巨大なモンスターに立ち向かうカプコンの人気ハンティングアクションゲームです。友達と協力して強大なモンスターに挑むという通信プレイが大流行し、これまでのシリーズ累計販売本数は2000万本を超えています。

最新作となるニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター3(トライ) G』は、2009年8月1日に発売したWiiソフト『モンスターハンター3(トライ)』を基に、ニンテンドー3DSの機能を活かした新たな要素を多数追加。3D映像が楽しめるだけでなく、タッチスクリーンのカスタマイズや、難易度の高いG級クエスト、初登場モンスターなどが追加。発売前には全国18箇所をトラックで巡回するプロモーションも功を奉し、早くも国内出荷100万本を達成しました。

今後どれだけ数字を伸ばすか、注目が集まります。

『モンスターハンター3(トライ) G』は、好評発売中で価格は5800円(税込)です。

(C) CAPCOM CO., LTD. 2009, 2011 ALL RIGHTS RESERVED.
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら