『Call of Duty: Modern Warfare 3』は約900万本・・・2011年11月のNPDセールスデータ | GameBusiness.jp

『Call of Duty: Modern Warfare 3』は約900万本・・・2011年11月のNPDセールスデータ

ブラックフライデーの影響でホリデーシーズン最大の繁盛期となる11月の米国ビデオゲーム市場は、ソフトとハードのセールスを合わせ全体で30億ドルもの収益を計上、しかし前年比は0.4%増と僅かな伸びに留まりました。

その他 その他
ブラックフライデーの影響でホリデーシーズン最大の繁盛期となる11月の米国ビデオゲーム市場は、ソフトとハードのセールスを合わせ全体で30億ドルもの収益を計上、しかし前年比は0.4%増と僅かな伸びに留まりました。

ソフトウェアランキング
1. Call of Duty: Modern Warfare 3 (360, PS3, Wii, PC) Activision ※900万本以下
2. The Elder Scrolls V: Skyrim (360, PS3, PC) Bethesda Softworks
3. Battlefield 3 (360, PS3, PC) Electronic Arts
4. Assassin's Creed: Revelations (360, PS3, PC) Ubisoft ※126万本以下
5. Just Dance 3 (Wii, 360) Ubisoft
6. Madden NFL 12 (360, PS3, Wii, PSP, PS2) Electronic Arts
7. Uncharted 3: Drake's Deception (PS3) SCE ※70万本
8. Saints Row: The Third (360, PS3, PC) THQ
9. The Legend of Zelda: Skyward Sword (Wii) 任天堂
10. Batman: Arkham City (360, PS3, PC) Warner Bros. Interactive

※ランキングはパッケージ版のプラットフォーム合計。限定版や本体以外のバンドルのセールスを含む。

ソフト販売数のトップは、アナリストいわく実に900万本近くが売れたという『Modern Warfare 3』で、2位以降に圧倒的な差をつけるまさに桁外れのセールスを記録。ライバルの『Battlefield 3』も3位と依然好調で、今作はバトルフィールド関連作の最高セールスを叩き出したそうです。

初登場2位の『スカイリム』はセールスデータが非公開ながら、発売から僅か一ヶ月にして前作『オブリビオン』の累計販売本数にあと50万本と迫る勢いで売れているとのこと。また発売初日で380万本を出荷したと発表があった『Uncharted 3』は、11月に米国内で70万本が売れたと報告されています。

一方、任天堂の発表によると、Wiiの『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』は発売初週で60万本を販売、3DSの『スーパーマリオ 3Dランド』はトップ10入りを逃したものの62万5,000本を販売したということです。

ハードウェアセールス
1. Xbox 360 - 170万台 (+24%)
2. PS3 - 90万台 (+70%)
3. Wii - 86万台 (-32%)
4. 3DS - 79万5,000台
5. DS - 35万台 (-77%)

※()内は前年比

ハードの販売台数は8月から三か月連続でトップのXbox 360が170万台と絶好調を維持、ナンバー2のPS3も前年比70%増と素晴らしい成長を見せました。ラインナップの減少で前年割れを喫したWiiとDSですが、前月からは大幅な伸びを見せるなど年末商戦の恩恵をしっかりと受け、3DSの快進撃も加わって11月は満足な結果を残すことができた様子です。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら