タイトー、『Spy Wars』を中国テンセント向けに提供開始・・・グリーとテンセントの業務提携に基づき | GameBusiness.jp

タイトー、『Spy Wars』を中国テンセント向けに提供開始・・・グリーとテンセントの業務提携に基づき

その他 その他

グリーとタイトーは、グリーと中国テンセント(Tencent)との業務提携に基づく展開の第一弾として、タイトーの開発するAndroid向け『SpyWars』を『特工大戦』として「Tencent Wireless Open Platform for Community」で中国ユーザー向けに提供開始したと発表しました。
  • グリーとタイトーは、グリーと中国テンセント(Tencent)との業務提携に基づく展開の第一弾として、タイトーの開発するAndroid向け『SpyWars』を『特工大戦』として「Tencent Wireless Open Platform for Community」で中国ユーザー向けに提供開始したと発表しました。
  • グリーとタイトーは、グリーと中国テンセント(Tencent)との業務提携に基づく展開の第一弾として、タイトーの開発するAndroid向け『SpyWars』を『特工大戦』として「Tencent Wireless Open Platform for Community」で中国ユーザー向けに提供開始したと発表しました。
  • グリーとタイトーは、グリーと中国テンセント(Tencent)との業務提携に基づく展開の第一弾として、タイトーの開発するAndroid向け『SpyWars』を『特工大戦』として「Tencent Wireless Open Platform for Community」で中国ユーザー向けに提供開始したと発表しました。
  • グリーとタイトーは、グリーと中国テンセント(Tencent)との業務提携に基づく展開の第一弾として、タイトーの開発するAndroid向け『SpyWars』を『特工大戦』として「Tencent Wireless Open Platform for Community」で中国ユーザー向けに提供開始したと発表しました。
  • グリーとタイトーは、グリーと中国テンセント(Tencent)との業務提携に基づく展開の第一弾として、タイトーの開発するAndroid向け『SpyWars』を『特工大戦』として「Tencent Wireless Open Platform for Community」で中国ユーザー向けに提供開始したと発表しました。
グリーとタイトーは、グリーと中国テンセント(Tencent)との業務提携に基づく展開の第一弾として、タイトーの開発するAndroid向け『SpyWars』を『特工大戦』として「Tencent Wireless Open Platform for Community」で中国ユーザー向けに提供開始したと発表しました。

グリーとテンセントは今年1月に業務提携を結び、両社のプラットフォーム共通化を進めると共に、相互のデベロッパーに対してローカライズなどの進出サポートを実施してきました。本件が第一弾となりましたが、今後ともグリーはデベロッパーに対して中国進出の支援も含めてサポートを行なっていくとしています。

『特工大戦』はフィーチャーフォン向けに提供されている『Spy Wars』をベースにしたもので、プレイヤーは情報機関のエージェントとなり、次々と降りかかる危機から世界を救うために、仲間とともに様々な任務を遂行していきます。敵が仕掛けた陰謀を阻止するため、プレイヤーは部下の諜報員を指揮し組織からの指令(ミッション)を実行したり、他国エージェントが隠し持つ機密情報を奪うためのバトルに挑みます。スパイ小説さながらのストーリー展開、多彩なスパイツールを駆使して挑むスリリングなバトル、ソーシャルゲームならではのプレイヤー同士の協力から生まれるコミュニケーションが楽しめます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら