セガ傘下のCreative Assembly、新たなスタジオを開設 | GameBusiness.jp

セガ傘下のCreative Assembly、新たなスタジオを開設

その他 その他

セガ傘下で『Total War』などの開発元で知られる英国Creative Assemblyは、エイリアンシリーズの新作の開発に伴い、3000平方メートル規模の新スタジオを開設する意向を明らかにしました。

新しいスタジオでは年内に40人程度を雇用し、全体では200人クラスになる模様。

エイリアンの版権は2006年にセガが20世紀フォックス映画から取得し、Obsidianの開発するRPG、Gearboxの開発する『Aliens: Colonial Marines』が発表されていますが、前者は2009年に開発中止、後者も発売には疑問符が付けられています。ただし、Gearboxは開発中である旨をコメントしているようです。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら