『Aliens vs. Predator』でも使用された“Asura Engine”がNGPに完全対応 | GameBusiness.jp

『Aliens vs. Predator』でも使用された“Asura Engine”がNGPに完全対応

その他 その他

イギリス・オックスフォードを拠点に活動するデベロッパーRebellionは、2010年発売の『Aliens vs. Predator』でも使用された自社開発のゲームエンジン、“Asura Engine”がNGPに完全対応した事を明らかにしました。

RebellionのCEO Jason Kingsley氏は短い期間にもかかわらず開発チームがAsura EngineをNGP上で完全動作させる事ができたと伝えています。また既にプレイアブルなマルチプレイヤーTPSのデモも用意されているそうです。

Rebellionは今月末に開催されるGame Developers Conference(GDC)にも出席予定。同イベントでは前述したマルチプレイヤーTPSのプレイアブルデモが披露される事を期待したいですね。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら