サイバーエージェントとミクシィ、合弁でソーシャルアプリ開発のグレンジを設立 | GameBusiness.jp

サイバーエージェントとミクシィ、合弁でソーシャルアプリ開発のグレンジを設立

その他 その他

サイバーエージェントとミクシィは、mixiアプリプラットフォーム向けにソーシャルアプリを開発する合弁会社、グレンジを2月1日に設立します。出資比率はサイバーエージェント51%、ミクシィ49%で、代表にはCyberXの創業メンバーの一人で大ヒットしているmixiアプリ『星空バータウン』のプロデューサーでもある木下慎也氏が就任します。

サイバーエージェントではグループで25タイトルのモバイル向けソーシャルアプリを運営し、合計の登録者数は1000万人にものぼります。

新たな設立する合弁会社は、サイバーエージェントのソーシャルアプリ運営ノウハウと、SNSとしてミクシィが保有するソーシャル性の高いアプリプラットフォームの強みを活かし、リアルなソーシャルグラフを持つmixiに最適なアプリの開発・運営を目指すものです。

グレンジではモバイルとスマートフォン向けに開発を行い、2011年9月期に売上高5億円を目指すとのこと。

■株式会社グレンジ概要
商号    株式会社グレンジ   (英語表記: Grenge, Inc. )
所在地   東京都渋谷区円山町19番1号 渋谷プライムプラザ5F
設立    2011年2月1日
資本金   5,000万円
出資比率  株式会社サイバーエージェント51%、株式会社ミクシィ49%
役員    代表取締役社長 木下慎也(サイバーエージェント)
取締役副社長  森田仁基(ミクシィ)    
取締役     日高裕介(サイバーエージェント)   
取締役     横田淳 (サイバーエージェント)
取締役     原田明典(ミクシィ)
事業内容  mixiアプリプラットフォーム向けのソーシャルアプリの企画・制作
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら