セプテーニ、SAP向け中国・韓国進出支援リサーチサービスを開始 | GameBusiness.jp

セプテーニ、SAP向け中国・韓国進出支援リサーチサービスを開始

その他 その他

セプテーニHD<4293>傘下のセプテーニは、12月3日、中国や韓国向けにソーシャルアプリ・ゲームの配信を検討する事業者に、各国のモニターアンケートを用いたリサーチサービスの提供を開始した、と発表しました。

新サービスは、ソーシャルアプリ事業者に、アジア進出に向けたマーケティングリサーチの提供。中国に25万人、韓国に12万人規模のモニターを活用して、各国での類似ソーシャルアプリの利用状況、課金実態、ユーザーニーズといった調査項目を策定し、翻訳からアンケート画面作成、調査、集計、レポート提供までを一貫して行うそうです。料金は20万円から。

同社によれば、中国最大のSNS「renren」の会員数が1.5億人、韓国最大のSNS「Cyworld」の会員数は2500万人規模に達するなど、ソーシャルアプリ事業者にとっては、日本と並ぶ大きな市場であると考えられるため、今回、こうしたサービスの提供を開始した、とのことです。
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら