ATIブランド、消滅へ・・・AMDに統合〜GCやWiiのグラフィックチップも設計 | GameBusiness.jp

ATIブランド、消滅へ・・・AMDに統合〜GCやWiiのグラフィックチップも設計

その他 その他

米AMDは、2006年に買収後も使用してきたATIブランドをAMDブランドに統合すると発表しました。
  • 米AMDは、2006年に買収後も使用してきたATIブランドをAMDブランドに統合すると発表しました。
  • 米AMDは、2006年に買収後も使用してきたATIブランドをAMDブランドに統合すると発表しました。
米AMDは、2006年に買収後も使用してきたATIブランドをAMDブランドに統合すると発表しました。

これによりビデオカード「RADEON」シリーズで知られたATIは25年の歴史に幕を閉じることになります。現在ATIブランドは「RADEON」「FIREPRO」のロゴでも使用されていますが、それぞれ変更されるとのこと。

ATI Technologiesは1985年にカナダで創業。1990年代後半よりビデオチップメーカーとしてNVIDIAと並んで大きなシェアを占めました。しかしその後はチップセット市場で苦戦。2006年7月にAMDが総額54億ドルで買収しました。

ATIは2002年にArtXを買収。同社はシリコングラフィックス社でNINTENDO 64向けのグラフィックチップを設計したチームによって構成され、その後、ゲームキューブ向けのグラフィックチップ「Flipper」、Wii向けの「Hollywood」もATIが引き続き開発を担当しています。

ブランドマーケティング担当 コーポレートバイスプレジデントのジョン・ヴォルクマン氏は「ATI というブランドには別れを告げますが、その精神はAMD RadeonやAMD FireProグラフィックス製品、VISION テクノロジー プラットフォーム、さらには近く発表予定のすべてのAMD Fusion APU の中に生き続けます」と声明を発表しています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら