ソニー、3D映画に対応するPS3最新ファームウェアの提供時期を明らかに | GameBusiness.jp

ソニー、3D映画に対応するPS3最新ファームウェアの提供時期を明らかに

その他 その他

4月のアップデートで3Dテレビへの対応が行われ、6月より3D立体視ゲームの配信が実現したPS3ですが、3Dに関連した新機能の追加は今後も続けられるようです。

SCEEのシニアディレクターMick Hocking氏が海外メディアのインタビューで伝えたところによれば、Blu-ray 3D映画に対応する最新ファームウェアを今年9月にリリース予定で、さらに時期は未定ながら3D写真に対応するアップデートも年内に行う計画とのこと。

国内では、3D対応デジタルカメラで撮影した3D写真をPS3で鑑賞・管理可能になるアプリケーション「プレイメモリーズ」が9月下旬に無料提供されると発表されており、この時期に上述のファームウェアが配信になるケースも考えられます。

尚、Blu-rayの3D映画、3D写真共に鑑賞には3D対応テレビが必要になります。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら