来月から3Dのゲームをリリース・・・ソニーが「dot.park」イベントで明らかに | GameBusiness.jp

来月から3Dのゲームをリリース・・・ソニーが「dot.park」イベントで明らかに

その他 その他

ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
  • ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が
ソニーは六本木ヒルズにて5月25日まで「dot.park」というイベントを実施しています。これはソニーグループの製品やコンテンツを結集し、アーティストを招き、人々の好奇心を刺激するという協創イベントです。初日の21日には「PS3の技術と未来を語るトークセッション」が実施されました。

トークセッションで登壇したのは、ソニー・コンピュータエンタテインメントSVP兼ソフトウェアプラットフォーム開発部部長兼戦略企画部担当課長の豊禎治氏と、お笑いタレントのTKOの木本武宏氏です。

会場には3Dグラスが配られ、ステージ上の巨大スクリーンで立体映像を楽しむ事が出来ました。まずは現在開発中の3Dゲームの映像が上映されます。『グランツーリスモ5』『Wipeout』『MotorStorm』といったタイトルが迫力の3D映像で流れると会場からは歓声が上がります。そのどよめきは3Dの衝撃を素直に表現したもののようでした。

豊氏は3D対応について「プレイステーション3は本体のアップデートで3D対応が可能で、3D対応テレビと対応ゲームを買えばすぐに家庭で3Dを楽しめるようになります」と紹介。来月の3D対応ブラビア発売に合わせて3Dゲームをリリースする事を明らかにしました。3Dについてはサードパーティからの反響も大きく、複数のタイトルが進んでいるようでした。

また、ゲームの対応についても「(トイストーリーのような)CG映画が最初に3D化されたのも、元々3Dで作られているので再計算するだけで3D化が出来るためです。実写だと撮影からやり直さないといけないですからね。ゲームも初代プレイステーションの頃から3Dで作られているので対応が簡単です」と説明。これから発売されるゲームだけでなく、既に発売されたゲームも3D対応で再販しようという動きがあることを明らかにしました。

家電芸人としても注目される大木さんは、今一番気になるのが3Dとコメント。「初代PSのポリゴン映像だけでも衝撃的だったのが、3Dで飛び出してくる。しかもそれを動かせるというのは本当に凄い時代になった」と感想を語っていました。また、3Dグラスについて「よし遊ぶぞ、というテンションを入れるスイッチになるのでは」と話していました。

最後に豊氏は今後の展開について、「3Dプラビアと同時にまずは対応ゲームをリリースします。その後、ブルーレイディスクで3D映画を見れるようにPS3を対応させます。さらに、PS3の動画配信でも3D映像を配信していきます。さらに秋にはPlayStation Moveというモーションコントローラーが登場します。自分の動作を伝えるコントローラーと3Dを掛け合わせる事で、新しい体験が実現できるでしょう。将来的には一つの空間の中で自分が入っていくような究極のゲームを実現できるようになるんじゃないでしょうか。未来は徐々に近づいてきています」と締めくくりました。


期間中には六本木ヒルズ内の「hills cafe/space」がdot cafeとなり、3D映像や3Dで遊べる『グランツーリスモ5』の体験会が実施されています。明日まで開催ですので、ぜひ足を運んでみてください。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら