セガ、サンフランシスコの内部スタジオを閉鎖 | GameBusiness.jp

セガ、サンフランシスコの内部スタジオを閉鎖

その他 その他

Gamasutraによれば、セガはサンフランシスコの社内スタジオを閉鎖することを明らかにしました。同スタジオでは『Iron Man』や『Golden Axe: Beast Rider』などを開発してきました。

「セガ・オブ・アメリカは、セガスタジオサンフランシスコの閉鎖の発表をすることにとても悲しみを覚えています。スタジオには多くの才能溢れる開発者がおり、彼らの将来を祈っています。セガは今後も確立したセガブランドの下、世界中の優れた開発スタジオと仕事をしていくつもりです」

セガスタジオサンフランシスコはセガが2006年にシークレット・レベル社を買収して改称したもので、設立は1999年。当初はゲームツールなどを外部の会社に提供するのがメインでしたが、セガによって買収されてからは、ゲームの開発に軸足を置いていました。最後の作品となる『Iron Man 2』は来月発売されます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら