次は秋田・大館市……新たに「ネット・ゲーム依存症対策条例」素案発表“ゲームは1日60分” | GameBusiness.jp

次は秋田・大館市……新たに「ネット・ゲーム依存症対策条例」素案発表“ゲームは1日60分”

秋田・大館市において、新たに「ネット・ゲーム依存症対策条例」の制定が予定されていることが明らかになりました。

産業政策 地方
(c) Getty Images
  • (c) Getty Images
  • (c) Getty Images
先日からの香川県における「ネット・ゲーム依存症対策条例」を巡る議論が進行中ですが、次は秋田・大館市において、同様の条例の制定が予定されていることが明らかになりました。

秋田魁新報によれば、同条例では「インターネットやゲーム機の過剰な利用が、子どもの学力や体力の低下、昼夜逆転による不登校、睡眠障害などの精神面でのトラブルを引き起こすと識者らが指摘している」として、依存症につながるゲーム機などの使用を1日60分に制限させるとともに、市・学校・保護者の責務も明確とした内容の素案がまとめられたとしています。

同市では条例を6月の定例会に提案予定であり「制定に向け、保護者に丁寧に説明し理解を得ていきたい」とのことです。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら