『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加 | GameBusiness.jp

『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加

バックエンドやModサポートなどのプロジェクトを担当予定。

ゲーム開発 その他
『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加
  • 『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加
  • 『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加
  • 『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加

ウィッチャー3 ワイルドハント』や『サイバーパンク2077』の非公式Modツール「WolvenKit」の制作者であるHambalkó Bence氏は、Köte Ákos氏とともに設立した会社Yigsoft developmentの下で、同氏含め他数名とともにCD PROJEKT REDに参加することを、ModコミュニティーのDiscordチャンネルにて明らかにしました。

CD PROJEKT REDからの正式発表はまだ行われていないものの、『サイバーパンク2077』のバックエンドやModサポートに関連する様々なプロジェクトに取り組む予定とのこと。Bence氏は「私たちは本当に興奮しており、サイバーパンク2077を次のレベルに引き上げるお手伝いができればと願っています」と語っています。

《RIKUSYO@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら