Steamが2020年の売上トップ作品を発表―総収益や同接人数など様々な視点から振り返る | GameBusiness.jp

Steamが2020年の売上トップ作品を発表―総収益や同接人数など様々な視点から振り返る

2020年のSteamを振り返る。

市場 デジタル流通
Steamが2020年の売上トップ作品を発表―総収益や同接人数など様々な視点から振り返る
  • Steamが2020年の売上トップ作品を発表―総収益や同接人数など様々な視点から振り返る


Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにて2020年における年間ベストタイトルの一覧を公開しました。


公開されたリストは、「売上上位」「新作」「最もプレイされたゲーム」「早期アクセス卒業ゲーム」「VR年間ベスト」「コントローラゲーム」の6つです。「最もプレイされたゲーム」については、今年は同時プレイヤー数が全般的に増加したため、2020年は各選考基準の同接人数が倍となっています。売上トップのリストでは具体的な数字や順位は開示されませんが、大まかな位置づけがわかるように下記の4つのカテゴリーに分けられています。




  • プラチナ:売上1位~12位

  • ゴールド:売上13位~24位

  • シルバー:売上25位~40位

  • ブロンズ:売上41位~100位


「売上上位」では『Among Us』や『Fall Guys: Ultimate Knockout』がプラチナカテゴリーを獲得。集計期間は12月18日までとなっていましたが、12月10日に発売された『Cyberpunk 2077』もプラチナを獲得しています。『Grand Theft Auto V』『Dota 2』『Counter-Strike: Global Offensive』は昨年に引き続き今年で5年連続のプラチナとなりました。


「新作」では前述の『Cyberpunk 2077』や『Fall Guys: Ultimate Knockout』はもちろん『The Outer Worlds』や『STAR WARS:スコードロン』なども2020年トップ25に選ばれました。『DEATH STRANDING』や『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』など今年にSteamでの販売が開始したタイトルもランクインしています。


「最もプレイされたゲーム」では9月末時点で同接人数300万人を記録した『Among Us』や『Life is Strange 2』『Monster Hunter: World』などの11タイトルがSteamでの同接人数20万人以上のゲームとしてピックアップされています。


「早期アクセス卒業ゲーム」では『Noita』や『Hades』『Risk of Rain 2』といったローグライクアクションや『DJMAX RESPECT V』『Skater XL』『Factorio』など様々なジャンルのタイトルが選ばれました。


「VR年間ベスト」では、Half-Lifeシリーズ待望の新作『Half-Life: Alyx』や『The Walking Dead: Saints & Sinners』『BONEWORKS』などがプラチナカテゴリーを獲得しました。


「コントローラゲーム」ではコントローラ使用のデイリーアクティブプレイヤー数を集計。『DARK SOULS III』や『NBA 2K20』がプラチナカテゴリーを獲得している他、前述の『Grand Theft Auto V』『Cyberpunk 2077』などもプラチナを獲得しています。


年間ベストの詳細はこちらからご確認ください。

《三ツ矢@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら