『Ghost of Tsushima』の舞台・対馬にある大鳥居が台風で倒壊、その再建を目指すクラウドファンディングに全国の「境井仁」たちも参加 | GameBusiness.jp

『Ghost of Tsushima』の舞台・対馬にある大鳥居が台風で倒壊、その再建を目指すクラウドファンディングに全国の「境井仁」たちも参加

開始からわずか3日ほどで、すでに目標額の90%を達成。

マネタイズ クラウドファンディング
『Ghost of Tsushima』の舞台・対馬にある大鳥居が台風で倒壊、その再建を目指すクラウドファンディングに全国の「境井仁」たちも参加
  • 『Ghost of Tsushima』の舞台・対馬にある大鳥居が台風で倒壊、その再建を目指すクラウドファンディングに全国の「境井仁」たちも参加
  • 『Ghost of Tsushima』の舞台・対馬にある大鳥居が台風で倒壊、その再建を目指すクラウドファンディングに全国の「境井仁」たちも参加

対馬を取り戻すべく、主人公「境井仁」が過酷な戦いに身を投じた時代劇オープンワールド『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』。「蒙古襲来」をモチーフとしながら、武士の在り方を問う物語や境井仁の生き様などのオリジナリティで高評価を博しました。

その舞台となった「対馬」の魅力もこだわりを持って描かれた本作は、国内外で大ヒットを記録。PS4のオリジナルファーストタイトルとしては、最速で500万本を突破した記録的な大作です。

しかも本作の影響力は、ゲーム業界だけに留まりません。TV番組「世界ふしぎ発見!」の11月21日放送回では「対馬」がテーマとなり、しかも『Ghost of Tsushima』の舞台としての側面も取り上げられました。「不思議は対馬にありました! リアルオープンワールド大冒険!」と、本作を意識したキャッチコピーも飛び出すほどです。

ゲームの中では、かつての平和を取り戻す戦いが紡がれましたが、実は現実世界の対馬でも、在りし日の姿を取り戻すための動きが始まっています。というのも、対馬にある「和多都美神社」の大鳥居が、今年の9月7日に襲来した台風10号によって倒壊し、その再建を目指すプロジェクトがスタートしたのです。


和多都美神社の禰宜(ねぎ)である平山雄一氏は、大鳥居の再建に1,500万円~2,000万円程度を見込んでおり、その一部の支援を求めるクラウドファンディングを11月27日に開始。対馬のシンボルとしても親しまれている“平成の大鳥居”を取り戻す活動が、こうして全国に知られました。

そして、クラウドファンディングの幕開けからまだ3日ほどしか経過していませんが、350人超えの支援者から450万円もの支援額が集まっています(11月30日 20時時点)。目標額は500万円なので、早くも達成が目前へと迫りました。

Twitterを見ると、支援者からの報告が相次いでおり、その中には「冥人の一人として思わず支援してしまった」「支援したぜ!!父の故郷の対馬だし、ゴーストオブツシマ楽しかったし!!」「誉れを忘れない」と、『Ghost of Tsushima』のタイトル名や作中に登場したワードなどを用いたコメントも見受けられました。ゲームを通じて、今回のプロジェクトに参加した方が少なからずいる模様です。

『Ghost of Tsushima』を遊んだユーザーたちは、プレイ中は全員「境井仁」として、対馬の地を駆け抜けました。そして今、全国にいる境井仁たちもプロジェクトの一員となり、大鳥居の再建を支えようとしています。これもまた、『Ghost of Tsushima』がもたらした影響のひとつなのかもしれません。

大鳥居再建を目指すクラウドファンディングは、終了までまだ40日以上残しているので、興味がある方は支援方法やリターンなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。1万円の支援で芳名板または記念石碑に名を刻めるリターンが、特に人気の模様です。

■対馬 和多都美神社の大鳥居再建プロジェクト
https://camp-fire.jp/projects/327825/preview?token=15mvxdpl
《臥待 弦@インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら