『Fallout 76』の公式Mod対応は未だに継続中―難航するもリソースを割いて実現目指す | GameBusiness.jp

『Fallout 76』の公式Mod対応は未だに継続中―難航するもリソースを割いて実現目指す

「QuakeCon」にて、『Fallout 76』プロジェクトリーダーのジェフ・ガーディナー氏が公式でのMod対応に取り組んでいる事を確認しました。

ゲーム開発 その他
『Fallout 76』の公式Mod対応は未だに継続中―難航するもリソースを割いて実現目指す
  • 『Fallout 76』の公式Mod対応は未だに継続中―難航するもリソースを割いて実現目指す
  • 『Fallout 76』の公式Mod対応は未だに継続中―難航するもリソースを割いて実現目指す

オンライン開催された「QuakeCon」にて、ベセスダの『Fallout 76』の開発チームは公式でのMod対応に取り組んでいる事を確認しました。

これはプロジェクトリーダーのジェフ・ガーディナー氏がQ&Aでの質問に答える形で明らかにしたもので、「我々はまだModサポートに取り組んでおり、それは実現するだろう」と述べました。


加えてガーディナー氏はこれまでのシングルプレイゲームであった『Fallout』シリーズとは異なり、クライアントサーバーアーキテクチャを採用しているため、「Fallout 76」にModサポートを対応させるのは大変な作業だと指摘しています。

ベセスダ・ソフトワークスは『Fallout 76』の公式Mod対応を計画している事を以前から発表していますが、結局いまだに実現されていません。ガードナー氏によれば、公式Mod対応を社内ではヘビーリフトと呼んでいるということで、多くのリソースを投入し実現に向けて開発が進められているようです。

なお、『Fallout 76』は発売以来も継続してアップデートされており、4月の大規模アップデート、「Wastelanders」ではプレイヤーに熱望された「人間NPC」が実装されています。
《大塩@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら