工場建設ゲーム『Satisfactory』の売上は130万本以上―具体的なストア内訳も明らかに | GameBusiness.jp

工場建設ゲーム『Satisfactory』の売上は130万本以上―具体的なストア内訳も明らかに

累計本数ではEpic Gamesストアの方が多いものの、販売ペースはSteamの方が速いとのことです。

市場 市場動向
工場建設ゲーム『Satisfactory』の売上は130万本以上―具体的なストア内訳も明らかに
  • 工場建設ゲーム『Satisfactory』の売上は130万本以上―具体的なストア内訳も明らかに
  • 工場建設ゲーム『Satisfactory』の売上は130万本以上―具体的なストア内訳も明らかに
  • 工場建設ゲーム『Satisfactory』の売上は130万本以上―具体的なストア内訳も明らかに

Coffee Stainは、早期アクセス実施中の工場建設ゲーム『Satisfactory』について具体的な売上本数などを明らかにしました。

本作は2019年3月にEpic Gamesストアにて早期アクセスとしてリリースされ、時限独占期間が終了後の2020年6月にSteamでも早期アクセスが開始された工場建設ゲーム。1人称視点での探検・戦闘を含んだ自動化工場建設が主な要素で、舞台となるマップは巨大なオープンワールドになっています。

今回明らかにされた全ての数字は現地時間6月30日時点のものとされており、総売上は1,326,518本。さらにストア別としては、Epic Gamesストアが958,917本、Steamが367,601本であることを公開しました。

続けてSteam版はリリースから約1カ月であり、Epic Gamesストア版は50万本を売り上げるのに3カ月かかったということから販売ペースはSteamの方が速いということも明かしました。理由としてはSteamが単純に巨大で利用者が多いということと、サマーセールの影響が考えられるとしています。

『Satisfactory』はWindows向けにSteam/Epic Gamesストアにて早期アクセスを実施中です。
《いわし@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら