コロプラがMAGES.を完全子会社化…人気IPのモバイル展開で競争力向上目指す | GameBusiness.jp

コロプラがMAGES.を完全子会社化…人気IPのモバイル展開で競争力向上目指す

コロプラがMAGES.を完全子会社化することを発表しました。

企業動向 戦略
コロプラがMAGES.を完全子会社化…人気IPのモバイル展開で競争力向上目指す
  • コロプラがMAGES.を完全子会社化…人気IPのモバイル展開で競争力向上目指す
コロプラは、MAGES.の全発行株式を取得し、完全子会社化することを発表しました。株式譲渡は4月3日を予定しているとのこと。株式を含めた取得価格は約16億円になると公表されています。

今回の子会社化についてコロプラは、MAGES.のIP創出力と人気IPをグループに加えることで同社のモバイルサービス事業における競争力向上を見込んでいるとしています。一方のMAGES.については、財務基盤を安定化させることで、新規のエンターテインメント事業創出を加速させるということです。

なお、MAGES.は2019年7月12日にMBO(マネジメント・バイアウト)を実施し、同社の代表取締役社長である志倉千代丸氏の経営するCHIYOMARU STUDIOが全株式を保有していました。今回のコロプラ子会社化にあたっては、CHIYOMARU STUDIOの保有株式を全てコロプラが譲受する形になります。

『STEINS;GATE』など人気のIPを多数抱えるMAGES.がモバイルゲームの雄であるコロプラのグループとなることで、どのようなシナジーがうまれるのか注目が集まります。
《宮崎紘輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら