『コール オブ デューティ ウォーゾーン』配信から24時間でプレイヤー数が600万人を超える | GameBusiness.jp

『コール オブ デューティ ウォーゾーン』配信から24時間でプレイヤー数が600万人を超える

『コール オブ デューティ ウォーゾーン』のプレイヤー数が配信から24時間で600万人を突破。

市場 市場動向
『コール オブ デューティ ウォーゾーン』配信から24時間でプレイヤー数が600万人を超える
  • 『コール オブ デューティ ウォーゾーン』配信から24時間でプレイヤー数が600万人を超える
  • 『コール オブ デューティ ウォーゾーン』配信から24時間でプレイヤー数が600万人を超える

Activisionは、『Call of Duty』海外公式SNSにて『コール オブ デューティ ウォーゾーン』のプレイヤー数が、24時間で600万人を超えたことを報告しました。

本作は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の世界を舞台にした、基本プレイ無料のバトルロイヤルゲーム。この発表は記事執筆時点では公式Twitterのみで、各プラットフォームのプレイヤー数の内訳や『CoD:MW』所有者と非所有者の割合など、詳細な数字は明らかにされていません。

なお、同じ基本無料バトロワである『Apex Legends』は配信初日のプレイヤー数が250万人余り、『フォートナイト』が100万人を超える程度となっています。配信時期が大きく異なるため比較はできませんが、それを差し引いても本作の勢いのほどがうかがえる発表と言えるでしょう。

『コール オブ デューティ ウォーゾーン』は、PC/PS4/Xbox One向けに基本プレイ無料で配信中です。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら