『Warcraft III:Reforged』の自動返金を開始―多くのバグによるユーザーからの指摘が原因か | GameBusiness.jp

『Warcraft III:Reforged』の自動返金を開始―多くのバグによるユーザーからの指摘が原因か

名作RTSのリマスター『Warcraft III:Reforged』の自動返金受付が始まっています。

ゲーム開発 その他
『Warcraft III:Reforged』の自動返金を開始―多くのバグによるユーザーからの指摘が原因か
  • 『Warcraft III:Reforged』の自動返金を開始―多くのバグによるユーザーからの指摘が原因か
  • 『Warcraft III:Reforged』の自動返金を開始―多くのバグによるユーザーからの指摘が原因か

Blizzard Entertainmentは、名作RTSのリマスター『Warcraft III:Reforged』の自動返金を受け付けています。

本作は、『Warcraft III: Reign of Chaos』『Warcraft III: The Frozen Throne』のリマスター版として2020年1月29日に発売されたばかり。グラフィックの異常、マルチプレイがプレイできない、プレイ中にクラッシュが続発するなど、ゲーム自体がまともにプレイできないものとして数多くの問題点がフォーラムで報告されていました。

今回の自動返金は、公式のサポートページから受付可能(日本語ページではアクセス不可)。公式ではゲームのアップデート情報を発表しており、次回のアップデートでグラフィックやUIなどのバグは改善される予定です。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら