『サイバーパンク2077』はいかなる宗教への攻撃も推奨しない―海外掲示板での論争に回答 | GameBusiness.jp

『サイバーパンク2077』はいかなる宗教への攻撃も推奨しない―海外掲示板での論争に回答

NeoGafでの論争が過熱していましたが、IGNの取材により誤訳がきっかけとなっていることが明らかになりました。

ゲーム開発 その他

サイバーパンク2077』のクエストディレクターであるMateusz Tomaszkiewicz氏がポーランドのサイトGry Online WPのインタビューに対し、「一部の宗派のプレイヤーの気分を害したとしても、宗教の話題を避けることはできない」と語ったと、海外掲示板NeoGafにて英訳が投稿され議論を呼んでいました。しかし、この投稿内容は誤訳であり、CD Projekt REDはIGN経由で正確な内容を公表しました。

IGNによると、CD Projekt REDにNeoGafにて投稿されたGry Online WPのインタビューの英訳が正確か尋ねたところ、CD Projekt REDは正確ではないと答えてポーランド語インタビューの英語訳をIGNに送付。IGNでも提供された英語訳及び原文の翻訳を照らし合わせ、誤訳であったことを確認したとしています。

インタビューでは、Tomaskiewicz氏が『サイバーパンク2077』の世界には現実世界同様にいくつかの宗教が存在することを明かしており、その発言に対する問いとして、一部のプレイヤーは大暴れするために教会内に押し入るのではないかとインタビュアーが指摘。同氏はその質問に対して、宗教というテーマを避けるつもりはなく、確かにそうした可能性もあるが、宗教に関わるクエストでは、どの宗教にも失礼がないように開発しているし、プレイヤーに宗教への攻撃を推奨するものではない。と返答しています。

日々様々な情報に注目が集まる『サイバーパンク2077』は、2020年4月16日にPC/PS4/Xbox One向けに発売予定です。
《HATA@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら