Epic Gamesストア登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに | GameBusiness.jp

Epic Gamesストア登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに

先日、売上の88%がデベロッパーの利益となる新たなゲームストアとして発表されたEpic Gamesストアですが、そこで販売を予定している3作品のデベロッパーおよびパブリッシャーがSteamなど他の販売プラットフォームでの販売を中止、見送ることを発表しました。

市場 デジタル流通
先日、売上の88%がデベロッパーの利益となる新たなゲームストアとして発表されたEpic Gamesストアですが、そこで販売を予定している3作品のデベロッパーおよびパブリッシャーがSteamなど他の販売プラットフォームでの販売を中止、見送ることを発表しました。

Satisfactory』のデベロッパー、Coffee Stain StudiosのJace Varley氏は、YouTubeにてEpic Gamesストアが「唯一『Satisfactory』を入手できる場所」であると答えた動画を投稿しているほか、『Genesis Alpha One』のパブリッシャーであるTeam17は、同作を「2019年1月29日にSteamで発売しない」と発表しています。

また、『Rebel Galaxy Outlaw』のデベロッパーDouble DamagesもEpic Gamesストアへの販売に伴って、SteamやGOG.comといった他のゲーム販売プラットフォームでのリリースを12ヶ月後に延期しました。理由については、Steamが30%の利益を受け取るのに対してEpicは12%のみ、開発者の手元に88%の利益が還元されることについて言及した上で、これが「新たなスタンダード」になることを望んでいるため、としています。

専売タイトルも増えてきたEpic Gamesストアですが、12月14日から12月27日までは『Subnautica』が、12月28日から2019年1月10日までは『Super Meat Boy』が無料で受け取れます。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら