グリー、ポリゴン・ピクチュアズと資本業務提携─3DCG技術基盤を共同で開発 | GameBusiness.jp

グリー、ポリゴン・ピクチュアズと資本業務提携─3DCG技術基盤を共同で開発

グリーは、ポリゴン・ピクチュアズが実施する第三者割当増資を引き受け、資本業務提携を行いました。これにより、グリーのポリゴン・ピクチュアズ株式の保有割合は、4.76%となります。

ゲーム開発 3DCG

グリーは、ポリゴン・ピクチュアズが実施する第三者割当増資を引き受け、資本業務提携を行いました。これにより、グリーのポリゴン・ピクチュアズ株式の保有割合は、4.76%となります。

先端的なエンタテインメント映像を生み出し、国内最大手のデジタルアニメーションスタジオとして知られているポリゴン・ピクチュアズ。「GODZILLA 怪獣惑星」「シドニアの騎士」「亜人」「BLAME!」など、数多くの作品に携わっており、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に至る歴史を描いたアニメシリーズ「Star Wars: Resistance」も制作しています。

今回の資本業務提携を機に、グリー傘下のゲーム事業ブランド「Wright Flyer Studios」(WFS)が開発する3Dゲームや、ライブエンターテインメント事業を担う「Wright Flyer Live Entertainment」(WFLE)が手がけるVTuberをより高品質に、より効率的にマルチチャネル展開するためのコンテンツ共有システム「SC2:Sharing System for Cross-media Content」を共同開発していくとのことです。


「SC2」は、アニメやゲーム、AR/VR、VTuber、ライブなど、各メディアに高品質な3DCGアセットを迅速に展開できるコンテンツ共有システム。3Dアニメ向けに制作された高品質CGアセットをそれぞれのメディアに同時展開するための技術基盤を開発することで、IPのマルチチャネル展開時の品質・コスト・スピードに関する課題への解決が期待できます。

ゲーム機やスマートデバイスの進化、またインターネットの普及や回線の発達により、多彩なメディアで3Dアニメコンテンツが活躍。その需要は、国内のみならず海外でも大きな広がりを見せています。こうした現状に置いて、より効率的にマルチチャネル展開をするにあたり、「SC2」が果たす役割は業界に大きな影響を与えることでしょう。

なお、両社グループによるアニメ・ゲーム・VR・VTuberの共同制作の検討も進めているとも発表。コンテンツへの直接的な展開にも期待が集まります。

《臥待 弦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら