3DCGのニュース記事一覧 | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 3DCGニュース記事一覧

『ELDEN RING』の“こだわり”を制作チーム自ら分析―休日出勤・深夜残業ゼロ…こだわりを生むためには、時間と心の余裕が必要【CEDEC 2022】 画像
ゲーム開発

『ELDEN RING』の“こだわり”を制作チーム自ら分析―休日出勤・深夜残業ゼロ…こだわりを生むためには、時間と心の余裕が必要【CEDEC 2022】

『エルデンリング』フロム・ソフトウェアのこだわりとはコンセプトアートを忠実に解釈したモデリングだった

『ELDEN RING』の“狭間の地”はこうして作られた―少人数体制で実現した初のオープンフィールドとそこに込められたこだわり【ウェビナーレポ】 画像
ゲーム開発

『ELDEN RING』の“狭間の地”はこうして作られた―少人数体制で実現した初のオープンフィールドとそこに込められたこだわり【ウェビナーレポ】

フロム・ソフトウェアからチーフ3Dグラフィックアーティストの小川啓一郎氏が登壇し、開発の裏側を語りました

あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場! 画像
ゲーム開発

あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場!

しかもマウスとキーボードを使わず、PS Moveモーションコントローラーだけで。

既存ワークフローに繋ぎ込むだけで仮想世界がより創造しやすくなる―NVIDIAがオープンプラットフォーム「Omniverse」で思い描くビジョン【SIGGRAPH Asia 2021】 画像
ゲーム開発

既存ワークフローに繋ぎ込むだけで仮想世界がより創造しやすくなる―NVIDIAがオープンプラットフォーム「Omniverse」で思い描くビジョン【SIGGRAPH Asia 2021】

国際会議&展示会「SIGGRAPH Asia 2021」より、NVIDIAによるセッション「Omniverse Enterprise 最新情報と開発者向け情報」のレポートをお届けします。

ゲームのアニメーションのクオリティを上げるには?―グラフィニカとUnityによる共同開発の成果と未来【SIGGRAPH Asia 2021】 画像
ゲーム開発

ゲームのアニメーションのクオリティを上げるには?―グラフィニカとUnityによる共同開発の成果と未来【SIGGRAPH Asia 2021】

国際会議&展示会「SIGGRAPH Asia 2021」より、グラフィニカとUnityによるセッション「劇場クオリティのアニメをリアルタイムエンジンで実現するには」のレポートをお届けします。

「リアルワールド・メタバース」による別の未来ー『ポケモンGO』のナイアンティックが目指すもの 画像
ゲーム開発

「リアルワールド・メタバース」による別の未来ー『ポケモンGO』のナイアンティックが目指すもの

ナイアンティックが11月8日に発表したAR開発環境「Lightship ARDK(AR Development Kit)」の機能を紐解くとともに、新たに提唱された「リアルワールド・メタバース」と盛り上がるメタバースを考察してみます。

PS5におけるレイトレーシングとは?基礎から解説されたセッションレポ【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

PS5におけるレイトレーシングとは?基礎から解説されたセッションレポ【CEDEC2021】

レイトレーシング技術の基礎からPS5でのライブラリを簡潔に解説

映像を1秒作り直すだけでも数百万円…オリジナル版『FF7』開発当時を振り返る、北瀬Dのインタビュー公開 画像
ゲーム開発

映像を1秒作り直すだけでも数百万円…オリジナル版『FF7』開発当時を振り返る、北瀬Dのインタビュー公開

オリジナル版『FF7』がPS Nowでプレイ可能になったことを受け、ディレクター・北瀬佳範氏による「開発当時を振り返るインタビュー」が公開されました。

ホクロに専用シェーダーも!『BLUE PROTOCOL』を例にしたアニメ表現キャラクリエーションの知見【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

ホクロに専用シェーダーも!『BLUE PROTOCOL』を例にしたアニメ表現キャラクリエーションの知見【CEDEC2021】

アニメ表現のキャラをメイキングできるゲームで気を付けるべき知見とは? CEDEC2021の『BLUE PROTOCOL』を例に挙げたセッションのレポートをお届けします。

超リアルなグラフィックで毛穴まで見える!『Gears』開発元がUE5を使用した精巧な技術デモを公開 画像
ゲーム開発

超リアルなグラフィックで毛穴まで見える!『Gears』開発元がUE5を使用した精巧な技術デモを公開

XSXとUE5の技術が発揮された映像!

実写?いいえ、ゲーム画面です―米大学が『GTA V』をフォトリアル化する技術発表 画像
ゲーム開発

実写?いいえ、ゲーム画面です―米大学が『GTA V』をフォトリアル化する技術発表

将来的には古いゲームでも実写のようなフォトリアル表現に変えれるかも?

リアルなデジタル人間を簡単に作成できる「MetaHuman Creator」がEpic Gamesより発表 画像
ゲーム開発

リアルなデジタル人間を簡単に作成できる「MetaHuman Creator」がEpic Gamesより発表

これまで数週間~数ヶ月かかっていた作業が1時間以内に。

Ninja Theory新作『Project: Mara』床の埃まで表現する新グラフィック技術紹介映像! 画像
ゲーム開発

Ninja Theory新作『Project: Mara』床の埃まで表現する新グラフィック技術紹介映像!

実在するアパートの一室を完璧に再現することが目標。

シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和 画像
ゲーム開発

シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和

シリコンスタジオは、グローバルイルミネーション『Enlighten(エンライトゥン)』のバージョン3.12を、リリースしたと発表しました。

現実世界のレベルデザインする―ゲームが建築と “共創”することで、どんな「新しいアソビ体験」を生み出せるのか?【CEDEC 2020】 画像
ゲーム開発

現実世界のレベルデザインする―ゲームが建築と “共創”することで、どんな「新しいアソビ体験」を生み出せるのか?【CEDEC 2020】

ビデオゲームが現実を舞台としたゲームを作るために知見が必要になる一方、現実の建築・都市領域もデジタル化が進む中で専門の知見が必要となる時代、 “共創”というかたちで新しいクリエイティブを見せています。

リアルタイムレイトレーシングの限界と「Enlighten」を活用した新たなグローバルイルミネーションの表現手法―シリコンスタジオのセッション内容に迫る【CEDEC 2020】 画像
ゲーム開発

リアルタイムレイトレーシングの限界と「Enlighten」を活用した新たなグローバルイルミネーションの表現手法―シリコンスタジオのセッション内容に迫る【CEDEC 2020】

リアルタイムレイトレーシングの限界と「Enlighten」を活用することで実現できることとは何なのか―。CEDEC 2020にも登壇するお二人に、セッションのポイントや現状の課題について伺いました。

リアルタイム3Dエフェクトツール「BISHAMON」が『ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス』に採用 画像
ゲーム開発

リアルタイム3Dエフェクトツール「BISHAMON」が『ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス』に採用

マッチロックは、自社が開発・販売・サポートを行っている主力商品の「BISHAMON(ビシャモン)」が、7月9日にPlayStation 4/Xbox One向けに、7月10日にSteam向けに発売された『ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス』に、採用されたと発表しました。

「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介 画像
ゲーム開発

「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介

シリコンスタジオは、「CEDEC2020」の公募セッションにて、アイシン精機と共同で、「Unreal Engineを用いた、駐車スペース検知のための学習データ生成 ~次世代自動駐車システム実現に向けて~」と題したセッションを行うと発表しました。

CG世界にリアルな“光”をもたらすミドルウェア「Enlighten」―シリコンスタジオのエンジニアが語るその特徴と今後について 画像
ゲーム開発

CG世界にリアルな“光”をもたらすミドルウェア「Enlighten」―シリコンスタジオのエンジニアが語るその特徴と今後についてPR

シリコンスタジオのミドルウェア「Enlighten」で実現するリアルな“光”。次世代機への対応も予定する「Enlighten」はどのように活用され、どのような進化を遂げるのか……。同社の吉野潤氏に詳しくお話を伺いました。

「CRI ADX LipSync」がスマホアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット』に採用 画像
ゲーム開発

「CRI ADX LipSync」がスマホアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット』に採用

音声データから自然なリップシンクを再現するCRI・ミドルウェアの「ADX LipSync」がバンダイナムコエンターテインメントのスマホアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット』に採用されたことが明らかになりました。

  • 50件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ