ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため | GameBusiness.jp

ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

『The Elder Scrolls』シリーズや『Fallout』シリーズで知られるBethesda Softworksは、『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたとして、Warner Bros.(ワーナー・ブラザース)とBehaviour Interactiveを訴えています。

その他 事件
『Fallout Shelter』

『The Elder Scrolls』シリーズや『Fallout』シリーズで知られるBethesda Softworksは、『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたとして、Warner Bros.(ワーナー・ブラザース)とBehaviour Interactiveを訴えています。

メリーランド州連邦地方裁判所にて起こされた今回の訴訟は、HBOの同名人気ドラマを基にしたBehaviour開発タイトル『ウエストワールド』を対象としたもの。同作のデベロッパーBehaviourは、『Fallout Shelter』の開発も過去に担当していましたが、Bethesdaが権利を所有するデザイン、アートワーク、コードなどを『ウエストワールド』ゲーム開発に使用したとされています。

海外メディアTMZが得た書面によると、Bethesdaは、2014年に『Fallout Shelter』開発のためにBehaviourを採用。その後、Behaviourはドラマ「ウエストワールド」が放映された2016年にワーナーによるゲーム版の制作を行った、と主張しているとのことです。

『Westworld』

問題の焦点は、『Fallout Shelter』のコーディングを『ウエストワールド』に使ったかどうか、という点ですが、Bethesdaは、決定的証拠があるとも主張。その証拠とは、『Fallout Shelter』の過去バージョンに現れていたものと同じバグが、 『ウエストワールド』ゲームでも発生していた、というものです。

現時点でワーナー、Behaviourからのコメントが無いことから不明な点も多い今回の訴訟。Bethesdaは、『ウエストワールド』の終了や損害賠償などを求めています。
《秋夏@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら