日本が舞台の25人対戦も…!スタジオ閉鎖のクリフB、お蔵入りゲームアイデアを告白 | GameBusiness.jp

日本が舞台の25人対戦も…!スタジオ閉鎖のクリフB、お蔵入りゲームアイデアを告白

企業動向 リストラ


先日Boss Key Productionの閉鎖を発表したCliff Bleszinski(クリフB)氏より、惜しくも廃案となってしまった「お蔵入りゲームアイデア」が多数届けられています。

クリフBは自身のTwitterで「廃案になったゲームアイデア」を共有しており、その中でVRで遊べる水中が舞台の『マリオカート』こと『Donuts』の存在が明かされました。この作品は『Toobin』の精神的後継作で、動物たちをプレイアブルキャラクターとして選ぶアーケードスタイルのゲームだったのだとか。「ヘルスのためにジンジャービアを飲む」「頭上で缶を粉砕する」など、コミカルな演出も特徴としていたようです。


そのほかには、ニンジャ/サムライとして巨大飛行船からドラゴンに乗ってゾンビと戦う「フューダルパンク」設定のPvE作品『DragonFlies』や、「ゾイド」風の犬型破壊兵器をフィーチャーした5v5v5v5v5対戦のマルチプレイヤーゲーム『DogWalkers』などが計画されていたとのことです。


『DogWalkers』は日本・東京を舞台にした『World of Tanks』と呼べるゲームで、操舵手、射手、修理工といったロールに分かれて争う作品だったご様子。妻が日本のアニメキャラのコスプレをしたり、日本語を勉強していたとも語っていたクリフBだけあり、彼が描く予定だった「日本」の世界観は国内のゲーマーにとって特に気になることでしょう。

クリフBは『Radical Heights』のサポートを“近い将来”までサポートしつつも、スタジオ閉鎖と共にゲーム業界から離れる意向を発表していました。「ビデオゲームは永遠に私の一部であり、いつの日か新しいゲームを作りたい」という言葉を信じながら彼の背中に期待をかけ、再びカムバックする日を待ちたいところです。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら