電通、アジア・オセアニアにおける「キャプテン翼」の商品化権などを独占で獲得 | GameBusiness.jp

電通、アジア・オセアニアにおける「キャプテン翼」の商品化権などを独占で獲得

電通は3月28日、TSUBASAと共同で、アニメ新シリーズ「キャプテン翼」(2018年制作版)のアジア・オセアニアにおける番組販売権、商品化権、広告使用権を独占で獲得したと発表しました。

企業動向 発表
電通は3月28日、TSUBASAと共同で、アニメ新シリーズ「キャプテン翼」(2018年制作版)のアジア・オセアニアにおける番組販売権、商品化権、広告使用権を独占で獲得したと発表しました。

2017年のジャパンブランドの調査によると、キャプテン翼の認知度は香港やインドネシアで70%程度と高い認知率を誇る人気IPです。また、アジアのみならずヨーロッパなどでもファンは多く、世界各国のプロサッカー選手がキャプテン翼に影響され、サッカーを始めたと言われています。

今後電通は海外のグループ会社と連携し、海外のサッカー文化に大きく貢献した日本の人気コンテンツ「キャプテン翼」(2018年制作版)の権利を活用しながら、海外におけるスポーツ振興とビジネス開発を推し進めていく予定です。

また、電通は各国のサッカー協会と連携し、スポンサー企業各社に対するスポーツマーケティング機会の創出を図るとしています。
《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら