マイクロソフトが東宝と連携…AIとMRが融合し、日比谷シャンテでゴジラが暴れる? | GameBusiness.jp

マイクロソフトが東宝と連携…AIとMRが融合し、日比谷シャンテでゴジラが暴れる?

東京千代田区に本社を置く東宝は3月27日(火曜日)、日本マイクロソフトと連携し、近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA2018」を開始したと発表しました。

その他 イベント
東宝は、日本マイクロソフトと連携し、近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA2018」を開始しました。

今回のプロジェクトは3月23日にリニューアルオープンした日比谷シャンテを舞台としたもので、地下2階に位置する休憩スペースにデジタルサイネージを設置し、休憩室利用者の年齢・性別・表情をマイクロソフトのAIプラットフォーム「Microsoft Cognitive Services」によって分析。”利用者に最も相応しい”映画の予告編を自動編成して、サイネージ上で放映すると発表しています。



5月下旬には日比谷シャンテ前の広場「日比谷ゴジラスクエア」で、「Godzilla Nights」というイベントも開催予定です。これはMR技術を利用した日本初の屋外アトラクションイベントで、Microsoft HoloLensを装着した参加者に118.5mのシン・ゴジラが迫ります。ミサイル発射制御の音声認識や、防衛戦確認時の言語処理などにはMicrosoft AzureのAIサービスを利用しており、臨場感たっぷりの体験ができることでしょう。
《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら