『Dota 2』中毒ゲーマーがあまりの止めたさに「アカウント停止」をValveに懇願 | GameBusiness.jp

『Dota 2』中毒ゲーマーがあまりの止めたさに「アカウント停止」をValveに懇願

MOBAタイトルの代表作品としてSteamで配信中の『Dota 2』ですが、あまりにも熱中し過ぎたためにプレイを止められず、とうとう「自分のアカウントを停止してほしい」とValveに求めたプレイヤーが現れました。

文化 その他

MOBAタイトルの代表作品としてSteamで配信中の『Dota 2』ですが、あまりにも熱中し過ぎたためにプレイを止められず、とうとう「自分のアカウントを停止してほしい」とValveに求めたプレイヤーが現れました。

Redditに投稿されたスクリーンショットでは、「変なお願いだと思うけど『Dota 2』を30日間プレイできないようにしてほしい」と懇願するユーザーのメッセージが取り上げられています。「アカウントは消したくないけどプレイできないようにしたい」「アンインストールをしてもすぐに再インストールしてしまう」と頼み込むこのプレイヤーに、Valveのサポート担当は「30日間にわたるマッチメイキング制限を施しました。何かありましたらお知らせください」とズバッと対応。リクエストから13時間で、『Dota 2』中毒に困るプレイヤーを助けていたようです。

Redditユーザーの間では、制限リクエストを送ったのは「プレイヤーの妻」という噂もまことしやかに囁かれていますが、真相は闇の中。どちらにせよ、3月末まで『Dota 2』から離れることになったこのプレイヤーの行く末が気になるところです。

『Dota 2』中毒ゲーマーがあまりの止めたさに「アカウント停止」を懇願、Valveが取った対応は…

《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら