バンダイビジュアルとランティスが合併…バンナムグループ、子会社組織再編 | GameBusiness.jp

バンダイビジュアルとランティスが合併…バンナムグループ、子会社組織再編

バンダイナムコホールディングスは、バンダイナムコグループの組織体制を変更すると発表しました。

企業動向 戦略

バンダイナムコホールディングスは、バンダイナムコグループの組織体制を変更すると発表しました。

同グループは、2018年4月より開始する新たな3ヵ年の中期計画として、事業会社の集合体の単位をSBU(Strategic Business Unit:戦略ビジネスユニット)からユニットへと変更。従来の3SBU体制(トイホビー、ネットワークエンターテインメント、映像音楽プロデュース)から、5ユニット体制(トイホビー、ネットワークエンターテインメント、リアルエンターテインメント、映像音楽プロデュース、IP クリエイション)となります。この変更理由について同社は、「IP軸戦略のさらなる進化、新たなエンターテインメントへの挑戦などのミッションごとに、よりスピーディに重点戦略を推進するため」とコメントしています。

今回の動きに合わせ、各ユニットに所属する子会社の組織再編も行われます。その一環として、バンダイビジュアルを存続会社とし、ランティスと合併を行うと発表されました。

また、バンダイビジュアルの商号をバンダイナムコアーツに変更。2018年4月より、映像音楽プロデュースユニット主幹会社となります。

詳細は以下のページからご確認ください。

【バンダイナムコグループ経営に関する重要なお知らせ】
https://www.lantis.jp/news.php?id=1518147000

バンダイナムコグループ、子会社の組織を再編─バンダイビジュアルとランティスが合併

《臥待 弦@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら