「オーバーウォッチリーグ」初の女性選手が誕生…チート疑惑を晴らした凄腕タンクプレイヤー | GameBusiness.jp

「オーバーウォッチリーグ」初の女性選手が誕生…チート疑惑を晴らした凄腕タンクプレイヤー

文化 eSports

ESPN.comは、ROX Orcas所属のプロゲーマーKim "Geguri" Se-yeon選手がShanghai Dragonsへ移籍し、「オーバーウォッチリーグ」初の女性選手になる可能性があると報じています。

関連する選手に近しい情報筋が語るところによれば、Geguri選手に加えてLee "Fearless" Eui-Seok選手、Cheon "Ado" Ki-hyun選手ともう1名の中国人選手がShanghai Dragonsへ加入する見込みです。

Geguri選手は2016年6月、「Nexus Cup」大会予選でチート疑惑が浮上したプレイヤー。相手チームからブリザード・エンターテインメントへと報告された彼女は、その後韓国のブリザード支部で「本当にチートを使っていたか否か」を判別するためのデモンストレーションを実施し、見事なテクニックを見せつけて疑惑を晴らしました。

現在の彼女は韓国『オーバーウォッチ』ランクで総合6位という腕前で、全世界の「ザリヤ」プレイヤーとしてもトップクラス。Shanghai Dragonsからの公式な声明は届けられていませんが、ESPN.comは「今後数週間以内にも発表される」と伝えています。

噂:「オーバーウォッチリーグ」初の女性選手が誕生か―チート疑惑を晴らした凄腕タンクプレイヤー

《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら