2017年の国内YouTuber市場規模は219億円に…前年比約2.2倍の成長 | GameBusiness.jp

2017年の国内YouTuber市場規模は219億円に…前年比約2.2倍の成長

市場 調査

若年層マーケティング事業を手掛ける「CA Young Lab」は、デジタルインファクトと共同で、国内YouTuber市場動向調査を行い、その結果を発表しました。

YouTuberは、動画の再生回数に応じてYouTube側から支払われる広告収入(YouTube広告収入)や、広告主とのタイアップ動画の制作によるタイアップ広告収入(タイアップ広告収入)、自身が関わるリアルイベントの開催や関連グッズからの収入(イベント・グッズ等収入)などを得ています。調査では、YouTube広告収入、タイアップ広告収入、イベント・グッズ収入の年間総額を推計し、市場規模として推計・予測を行っています。

調査によると、2017年の国内YouTuber市場規模は順調な成長を遂げ、前年比約2.2倍となる219億円規模に拡大。2022年には、2017年比で約2.6倍の579億円規模に達すると見込まれています。人気YouTuberが配信する動画コンテンツの継続的な高視聴数と、新たなYouTuberの緩やかな増加もあり、YouTube広告の収入は引き続き上昇傾向が続く見込みです。


タイアップ広告収入は、スマホゲームアプリ会社による出稿増が一段落する一方、非ゲームアプリや家電、子供向け商材、エステやコスメなどのサービスを提供する広告主によるプロモーション需要が高まり、多様化が見られたとのこと。

また、登録ユーザー数が数百万人規模のYouTuberは、グッズ販売やリアルイベントの開催による収入も増加するなど、収入モデルの多様化が進みつつあるようです。登録者数1万人以上のチャンネル数は、毎年150%以上の急成長を見せており、2017年は4,000件以上となりました。チャンネルを通した強い情報発信力を持つYouTuberの数も、持続的な増加傾向にあることがうかがえる結果となっています。一方、100万人以上の登録者数を持つチャンネルは63件でした。


2017年は、複数人数でコンテンツを配信するYouTuberや、女性YouTuberの活躍が顕著な傾向にあり、人材層の広がりが見られました。配信されるコンテンツは、純粋な娯楽エンターテインメント系のコンテンツから、英会話、料理、メイクなどのハウツー動画など、多岐に渡るものが提供されており、広告主とのタイアップのあり方にも多様化が見られたようです。

出典:CA Young Lab調べ
《さかまきうさろーる》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら