シリコンスタジオ、ゲーム業界で実績のある分析・予測機能でヘルスケア業界に進出 | GameBusiness.jp

シリコンスタジオ、ゲーム業界で実績のある分析・予測機能でヘルスケア業界に進出

シリコンスタジオは、個々のユーザー行動を予測する機械学習エンジン「YOKOZUNA data」をヘルスケア業界に対して本格的に展開することを発表しました。個人の健康を促進するウェアラブルデバイスの進化と予防医療の発展に貢献していくとのこと。

企業動向 発表
シリコンスタジオは、個々のユーザー行動を予測する機械学習エンジン「YOKOZUNA data(ヨコヅナデータ)」をヘルスケア業界に対して本格的に展開することを発表しました。個人の健康を促進するウェアラブルデバイスの進化と予防医療の発展に貢献していくとのことです。

「YOKOZUNA data」は、次世代AIアルゴリズムを利用したレコメンデーションシステムとプレーヤー予測プラットフォームです。最新のビッグデータ技術とクラウドコンピューティングにより、あらゆる規模のゲームに対応しています。

2年以上の開発フェーズを経た複雑な人工知能(AI)プラットフォームで、2017年6月に提供を開始。機械学習とクラウドコンピューティングの両方で最新の成果を適用し、ゲームの複雑なデータ分析における課題を解決してきたとのこと。


現在医療分野においては「予防医療」や「セルフケア」への意識が高まっており、アンチエイジングに対しても時間や労力、費用を惜しまない人が増えています。同社では、ゲーム分野で培った人工知能によるデータサイエンスを活用し、ウェアラブルデバイスなどから取得されるデータから心疾患の早期発見やリスク疾患の検出、パーソナライズされた疾病リスクアセスメントなどの実現に向けて取り組みを開始したということです

今後はYOKOZUNA dataの提供を通じ、ヘルスケア業界への本格展開を図っていくとのこと。中長期的には、個人と医療機関とを結びつけ、予防医療発展の基盤となるプラットフォームの実現を目指していくとしています。
《さかまきうさろーる》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら