コナミ、Jリーグのトップパートナーに!2014年以来の再契約 | GameBusiness.jp

コナミ、Jリーグのトップパートナーに!2014年以来の再契約

コナミデジタルエンタテインメントは、2018年1月から公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と、トップパートナー契約を締結します。

企業動向 戦略
コナミデジタルエンタテインメントは、2018年1月から公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と、トップパートナー契約を締結します。

同社は、20年以上にわたり楽しまれているサッカーゲームシリーズ『ウイニングイレブン』で知られており、1999年から2014年までトップパートナーに名を連ねていました。コナミは、2014年12月31日を最後に契約を終了していましたが、このたび、2018年から再びトップパートナーとなります。

発表によれば、コナミは、Jリーグとのパートナーシップを通じて、スマートフォンを活用し、シーズンオフや試合が無い日でも、Jリーグに触れる機会を提供。日本サッカーの更なる発展を共に目指していくとのことです。2018年秋以降には、Jリーグオフィシャルライセンスをモバイルゲームで活用するだけでなく、モバイルゲームを使ったJリーグ公認のe-Sports選手権も開催する予定、としています。

なお、ゲーム会社としては、『FIFA』シリーズで知られるElectronic Artsが2016年より継続してトップパートナーとなっています。
《秋夏@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら