テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア | GameBusiness.jp

テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

企業動向 発表

テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア
  • テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア
中国のIT企業テンセントが、人気バトルロワイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の中国国内における独占運営権を取得したとロイターが報じています。

報道によると、テンセントは中国の規制当局や検閲官の要求を満たすためにゲームを修正すると告知。コンテンツに調整を加え、社会主義の中核価値、中国の伝統文化、道徳的規範に合致していることを確認すると発表しています。『PUBG』は、以前より「社会主義の中核価値と中国の道徳的ルールから逸脱している」として中国国内で規制の動きが見られていました。

また、中国のメディア「信報」は今回の報道を伝えるとともに、テンセントは未成年に対して健康的かつ積極的な文化と価値指針を提供し、プロゲーマー育成にも力を入れると発表したことを報じています。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら